カテゴリ:Flower( 54 )

紫陽花の季節

c0046662_14141467.jpg
月も半ばとなって、いつもの年なら梅雨も盛りなのに、今季はどうしたことでしょう。
「陽性の梅雨」と、聞きなれない気象用語も納得。
散歩の途中、垣根越しに見る紫陽花も今が盛り。
我が家の紫陽花はほとんどが咲き終えてしまいましたが、とくべつ見惚れてしまったのが白い額紫陽花でした。
純白の額もさることながら、紫陽花には珍しく微かな匂いを放って、、。
「屋久島白雪」と判明した名の通り、南国の植物特有の匂いが魅力。
[PR]
by eijun-takahashi | 2018-06-14 14:16 | Flower

フロム ザ ガーデン、家庭菜園をめざして

この春から、我が家のベランダの花鉢の合間に出現した食する葉物たち。
ルッコラ、イタリアンパセリ、サニーレタス、パセリ、などなど。
c0046662_14400504.jpg
c0046662_14400444.jpg
c0046662_14400556.jpg
c0046662_14392399.jpg
ストロベリー、トマト、茄子などの成長も楽しみにしています
c0046662_14400496.jpg
c0046662_14400401.jpg




新鮮さとともに朝食のプレートが華やいで見えますね。
c0046662_14400404.jpg
c0046662_14400445.jpg
紫蘇の葉は夏には無くてはならないもので、もう何年も前から育てています。
c0046662_14400435.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2018-05-12 10:00 | Flower

朝顔や

今年も我が家のベランダを占拠しつつある朝顔は、
もみじあさがお、別名を台湾朝顔と呼ばれていますが、
その旺盛な生命力に圧倒されます。
年の瀬になっても青々とした葉を茂らせ、
なお花を咲かせるのですから。
c0046662_13392092.jpg
2018.4.28
c0046662_13405535.jpg
2018.5.9

江戸時代の俳人、加賀千代女の句にある、

釣瓶取られて
もらひ水

を思い起こされる光景ですが、しばらくはそっとしておきましょうか、、。
[PR]
by eijun-takahashi | 2018-05-09 13:44 | Flower

楽しいリース作り

いよいよ、カレンダーも最後のページになると、
気分は年の瀬にむかってあわただしく感じます。
そんな中でも、クリスマスのリース作りは楽しいひととき。
久しぶりに古いリースを箱から取り出していると、
その頃のことが蘇って、、。
たった今、作ったばかりのリースも来年の今頃は懐かしい思い出になるのでしょうね。
c0046662_14153539.jpg
c0046662_14152468.jpg

c0046662_14154116.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2017-11-29 14:17 | Flower

秋をまちながら

このところの気候は、9月に入っても夏の気分が抜けないまま、、
それでも、庭の植物たちは季節の変化に敏感ですね。
繁茂しすぎた枝や葉を少しだけ整理すると、秋を迎える風情となりました。
一日も早くヤブ蚊に悩まさられることもなく、草花を眺めながら、のんびりとしたいものです。
永順の2018年度のカレンダーができあがりました。
いつものことながら、
版元から届いた包みを開くときの高揚感は失せることがありません
一年の間に撮りためた花の写真がこうした形に纏まるのですから、とても嬉しいことですし、毎年、心待ちにしている皆さまへのメッセージとして続けていかれれば幸せ。
「今を大切に、花とともに」永順の大判カレンダーのタイトルにしました。
c0046662_14350920.jpg
c0046662_14351838.jpg
c0046662_14354446.jpg


[PR]
by eijun-takahashi | 2017-09-14 14:38 | Flower

永順花教室の野外授業

永順のプライベートガーデンのある東茨城での花教室がありました
まばゆい新緑のなか、生徒さんたちの生けた花たちは庭の緑に溶け込むよう。
花を生けるのもそこそこに、お弁当をひろげる一団も、、。
c0046662_13052443.jpg
c0046662_13052461.jpg

前日の早朝に花市場で揃えた花を、そのまま直行して水揚げをしました。
年の一度のことなので花器類の移動もたいへん。


毎年、生徒さんたちも楽しみにしていて、遠くは静岡県の掛川市からワゴン車での相乗り組、甲府市からの一人旅、湘南からのひとり車、最寄の駅からタクシーでの分乗などで、それぞれ駆けつけてくれました。
いつもの年より、庭の花たちの開花も遅くて、期待していたスモークツリーの見ごろは1週間後と、自然界の不確かさには悩まされますね。
生徒さんたちが生け終えた頃、雲間から光が差してきましたが、次の日は朝からの強い光に、庭の緑もいっそう輝いて、、。
来年用、いえ、再来年のカレンダー用の写真になるかしら。
2018年度用の花の写真は五月の半ばで締め切られたのでした
c0046662_13052480.jpg
c0046662_13052458.jpg
c0046662_13052591.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2017-05-31 13:11 | Flower

初夏、庭の花たち

一重のモッコウバラを植えて5年、昨年は深く刈り込みすぎたせいか、今年は期待薄のよう。
お隣りのナンジャモンジャの木は屋根よりも高く、お声がけして撮影用に切っていただきました。
我が家にも欲しくって背丈ほどの苗木を買ったけれど、植木鉢でうまく育つかしら、、。
2018年、来年のカレンダー用の写真の締め切り日が迫りました。
いま撮影中の写真は再来年のものですから、遙か先のように感じるけれど、、。
こうした月日を重ねてたことを思うと感慨深いですね。
c0046662_14385736.jpg
c0046662_14390889.jpg
c0046662_14391961.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2017-05-11 10:40 | Flower

フロム ザ ガーテンの花たち

このところの陽気で、散歩の途中に見かける草花にも眩しい初夏を感じ、ご近所のお庭拝見もたのしみのひとつ。
とくに花筒を持っての訪問は、まさしく確信犯かもね。
花たちを歩いて持ち帰る道すがら傷めてしまってはかわいそう。
いただいた真紅のバラや矢車草をメインに挿して一層華やかに。
撮影を終えてのティータイムにレモンの香りのシフォンケーキ。
これも永順のために焼いてくれたもの。
c0046662_14110104.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2017-05-08 14:13 | Flower

キッチンの小花たち

永順の花教室がある前の日から、アトリエには沢山の花があふれます。
次の日、生徒さんたちが帰ったあとには、撮影用にとっておいた花が残るばかり。
花の撮影は天候次第ですし、咲きごろと一致すればラッキーなの。
こうした、いろいろな条件をクリアして花の作品が出来るのです。
花のカレンダー用の撮影も年月を重ねて、今年で28年目となりました。

我が家のキッチンの小窓からは朝陽が差し込み、シンクのまえの小花は幸せそう。毎朝、水をかえがてら剪定をするといつまでも元気。キッチンに立つ私も幸せ!

c0046662_14552723.jpg
c0046662_14554117.jpg
c0046662_14555733.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2017-03-30 14:41 | Flower

待ちに待ったフランスミモザ

2011年の3月11日に、ご近所に咲くフランスミモザのことを永順ダイアリーに書いてから、月日が流れました。その間にもきまって、このミモザをいただいていたのに、ダイアリーがとだえてしまって、、。ことしの3月から、意を決して5年ぶりの再開です。


このお宅のミモザは遅咲きで、いつものことながら、よそのミモザが盛りでも蕾が硬くてヤキモキします。

このミモザのために散歩コースを決めて。


c0046662_16275137.jpg



c0046662_16272720.jpg

朝の散歩では、まだかなぁー、と思っていたら、昼過ぎに、咲きましたよ、との電話。

翌朝は久しぶりの快晴で、空の青さにレモンイェロー色がひときわ冴えて。


c0046662_16281193.jpg
c0046662_16280138.jpg


















[PR]
by eijun-takahashi | 2017-03-20 16:32 | Flower