2019 永順フラワーカレンダー 2018年9月中旬発売

c0046662_13480410.jpg
散歩の途中に金木犀の香りに、
そうか、10月もすぐそこなんだと、、。
今年の猛暑にはうんざりだったけれど、秋はすぐそこに。
私たち学生時代に知り合い、入籍したのは4年後でしたが、
それから50年の歳月を共に歩んできました。
今年の9月は私たちにとって特別な月。
「すてきな花たちと ともに50年」
2019年のカレンダーの大判のタイトルには、そんな思いも込めて。
昨年の5月から一年間撮りためた花の写真をすべて、
大判、中判、
小版のカレンダーに収めました。
皆様のお手元に届くことを願って。 永順

2019 永順 花 大判カレンダー

壁掛け用 大判カレンダー(大)

c0046662_13343899.jpg
価格2,700(税込)
表紙共8枚綴り
サイズ:天地44cm×左右42cm
付録:ポストカード2


2019 永順フラワーカレンダー

壁掛けリングカレンダー(中)

c0046662_13351387.jpg

表紙共13枚綴り/カラー印刷
サイズ天地25cm×左右26.5cm

1,188(税込)

2019 ミニカレンダー 永順フラワー

c0046662_13354992.jpg

価格864(税込)

〈卓上カレンダー〉壁掛けにもなります
表紙共13枚綴り
サイズ:天地15cm×左右17cm

Amazonカレンダーサイト


[PR]
# by eijun-takahashi | 2018-09-27 14:33 | インフォメーション

紫陽花の季節

c0046662_14141467.jpg
月も半ばとなって、いつもの年なら梅雨も盛りなのに、今季はどうしたことでしょう。
「陽性の梅雨」と、聞きなれない気象用語も納得。
散歩の途中、垣根越しに見る紫陽花も今が盛り。
我が家の紫陽花はほとんどが咲き終えてしまいましたが、とくべつ見惚れてしまったのが白い額紫陽花でした。
純白の額もさることながら、紫陽花には珍しく微かな匂いを放って、、。
「屋久島白雪」と判明した名の通り、南国の植物特有の匂いが魅力。
[PR]
# by eijun-takahashi | 2018-06-14 14:16 | Flower

フロム ザ ガーデン、家庭菜園をめざして

この春から、我が家のベランダの花鉢の合間に出現した食する葉物たち。
ルッコラ、イタリアンパセリ、サニーレタス、パセリ、などなど。
c0046662_14400504.jpg
c0046662_14400444.jpg
c0046662_14400556.jpg
c0046662_14392399.jpg
ストロベリー、トマト、茄子などの成長も楽しみにしています
c0046662_14400496.jpg
c0046662_14400401.jpg




新鮮さとともに朝食のプレートが華やいで見えますね。
c0046662_14400404.jpg
c0046662_14400445.jpg
紫蘇の葉は夏には無くてはならないもので、もう何年も前から育てています。
c0046662_14400435.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2018-05-12 10:00 | Flower

朝顔や

今年も我が家のベランダを占拠しつつある朝顔は、
もみじあさがお、別名を台湾朝顔と呼ばれていますが、
その旺盛な生命力に圧倒されます。
年の瀬になっても青々とした葉を茂らせ、
なお花を咲かせるのですから。
c0046662_13392092.jpg
2018.4.28
c0046662_13405535.jpg
2018.5.9

江戸時代の俳人、加賀千代女の句にある、

釣瓶取られて
もらひ水

を思い起こされる光景ですが、しばらくはそっとしておきましょうか、、。
[PR]
# by eijun-takahashi | 2018-05-09 13:44 | Flower

花より桜餅?

いつもの年に比べて今年の桜は散り急いでいるようでしたね。
久しぶりに訪ねた古寺の枝垂れ桜は、ことしは深く刈り込まれてしまっていて、いつもの優美さは失せていましたが、境内にしつらえた屋台に並んでいた桜餅のおいしかったこと。
その日の前日に、知人から、そこで買ったという桜餅をいただきました。
西伊豆の和菓子屋さんの出店だそうで、ほどよく塩漬けされた小さな桜葉二枚にすっぽりと包まれて。
山門をくぐると、奥まったところの屋台が目に飛び込んできて一目散に、、。
「桜餅を買いに来ました!」と言ったら、「わかりましたよ、お二人が門に入った時から、、。」と不思議な笑み。

頭上の枝を眺めながら、もう少しゆっくりと近づけばよかったかな、とちらりと反省などして。
c0046662_14394642.jpg


c0046662_14470156.jpg
c0046662_14471841.jpg

c0046662_14473866.jpg




[PR]
# by eijun-takahashi | 2018-04-09 14:48 | 散歩みち

2月にげていく

c0046662_14593796.jpg
さむい冬はやっぱりたいへん苦手です。
3月 春がまちどうしいですね。
群馬に住む知人から、月の変わり目に、きまって便箋1枚のたよりがとどきます。
ついこの間までの厚着の散歩も、きのうきょうにはうすぎとなって、、。
いよいよ明日からは弥生3月。我が家の竹雛は1941年生まれの77歳。
背丈は3センチにも満たない極小雛。
写真に撮ると細部まで見えて、その表情の豊かなこと。
年に一度のお披露目で、粗雑に扱っていないつもりでも、このところ経年劣化なのかしら、色付けの剥がれが目立ってきました。
修復するよりもこのままがいいのかなぁ、と思っています。
c0046662_14593758.jpg
c0046662_14593732.jpg
c0046662_14593766.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2018-02-28 15:05 | その他

2018年1月〜4月の花教室レッスンスケジュール

c0046662_15003133.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2018-02-07 15:01 | インフォメーション

ここしばらく、久しぶりの大雪で外出もままならない日々がつづきました。



群馬の山小屋で見慣れた美しい雪も都会では嫌われものかも、、。
一晩中降り続いた雪で我が家の庭も様変わり。
窓越しにシャッターを押しての不精者。
c0046662_11173488.jpg
c0046662_11173409.jpg
c0046662_11173585.jpg

群馬の山小屋
c0046662_11172462.jpg





[PR]
# by eijun-takahashi | 2018-02-07 11:20 | その他

どんど焼き


1月14日の朝、八幡宮でのどんど焼きでは、しめ縄飾りに混ざって雛人形も投げ込まれていて、とても珍しい光景でした。
狭い境内には不似合いなほどの大きな炎がたちあがり、参拝者ばかりか日頃は静寂な森の樹樹も火照っているよう。

c0046662_14202738.jpg
c0046662_14211304.jpg
c0046662_14212942.jpg
c0046662_14220418.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2018-01-15 14:26 | その他

いよいよ、年の瀬ですね。

永順の花教室の生徒さんたちのクリスマスリースパーティも終え今年のイベントはすべて終了です

秋におこなった小さな展覧会では久しぶりにお会いした人たちとの語らいも記憶に新しくまた次回の展覧会のための作品作りに励まなくてはと思っています

来年の干支は戌年といことで年賀状の絵柄には我が家のステラが登場です

幼い子供たちの成長ぶりを賀状にプリントするパパママのごとくついにやってしまったか、、
c0046662_14374340.jpg
c0046662_14375040.jpg
c0046662_14375754.jpg

c0046662_14451493.jpg



[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-12-21 14:46 | イベント