3月の花教室からのお知らせ

木々が芽吹き、春が訪れる季節となりました。
3月の花は、チューリップ、マーガレット、スイトピー、ラナンキュラス、ビオラなど可愛い色が溢れます。

4月にせまりました、
たかはししょうぞう陶芸展と、
元スタッフの俵谷敦子さんのコサージュ展のご案内をいたします。

花レッスンは
2012年3月、4月のスケジュール
3/17(土)、27(火)の2回
4/17(火)、21(土)の2回
 
お料理教室は、4/12(木)
黒飯、いりこだしの味噌汁、小松菜キムチ

たのしい生活のうつわたち

場所 箱根やまぼうし

2012年4月25日(水)〜30日(月)11:00〜17:00(最終は16:00)


俵谷敦子さんのワークショップ

リネンバードでは、3月10日より俵谷 敦子さんのコサージュ展がはじまります。

展示会に合わせて、俵谷さんによる、一日限りのワークショップを開催いたします。

今回のモチーフは、ツメクサとクローバー。

春らしいモチーフのコサージュは、まだまだ肌寒く感じるこの季節の装いを
華やかにしてくれます。
※展示会期間:3/10(土)-18(日)
■ 場所:リネンバード二子玉川
■ 日程:3月11日(日) 
  
午前の部 10:30-12:30(定員8名)/ 午後の部 14:00-16:00(定員8名)

■ 講習材料費:3,800円 お茶とお菓子付き
■ 持ち物:筆記用具(チャコペン、ボールペン)
 
はさみ(裁ちはさみや糸きりはさみではなく小ぶりで布が切れるもの)
  
手芸用の糊(アートフラワー用など。お持ちでない方には400円で販売いたしますので申し込み時にお知らせください。)
  目打ち、15cmまで測れる定規
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-03-08 16:40 | インフォメーション

2月の花教室からのお知らせ

寒い日が続いておりますが、お元気ですか。
もうすぐ立春で春もそこまで来ていますね。
チューリップや、ラナンキュラス、スイトピーの淡い色合いが優しい季節です。

また先日は2月に出る『クロワッサン』の収納・美しい部屋という特集で
永順先生の撮影がありました!!
2/10発売! クロワッサン823号
ぜひ、書店でお求めください♪

2012年
花レッスンは、2/18(土)、28(土)の2回


*******************
谷島 (やじま)理恵

LOG CABIN / 高橋永順花教室

157-0076 東京都世田谷区岡本2-33-8
Tel&Fax :03-6411-8285
Mail info@eijun.com
Hp http://eijun.exblog.jp/
*******************
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-02-08 11:37 | その他

あけましておめでとうございます

c0046662_14181577.jpg


今年もよろしくお願いいたします。

★2012年1月のお花のレッスンは17日(火)、21日(土)の2回です。

★お料理教室  (受付中)
1月26日(木)13時〜15時 永順の白菜キムチ

ご予約、お問い合せ:ログキャビンまで

*******************
LOG CABIN / 高橋永順花教室

157-0076 東京都世田谷区岡本2-33-8
Tel&Fax :03-6411-8285
Mail info@eijun.com
*******************
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-01-01 10:16 | Flower

湯布院から届いた柚子

いく朝か霜が降りて
由布院の柚子も
まろやかに色づきました。

いつもの柚子ねりひとつ
お届け致します
お風邪を召しませぬ様に
ご活躍下さいませ。c0046662_15575578.jpg

むかし、花教室の生徒さんだった桑野和泉さんは、
「大分の由布院はとてもよい処だから是非いらして下さい」
と、教室に来るたびに言っていたわ。

あの頃は由布院のことをよく 知らなかったけれど、浜美枝さんから
「とてもいい処だから、行ってあげてね」と勧められていたの。

何年かたって、スタッフと由布院へ行ったとき、
「確か、由布院から来ていた生徒がいたよね」と言うと、
スタッフの俵谷が「桑野さんは『玉の湯』のお嬢さんですよ」と
言うので訪ねたの。永順はそのことをすっかり忘れていたので、
その夜の泊まりはほかの旅館に決めていたの。
お昼は玉の湯で頂いて、和泉さんとは何年振りかの再会でした。

そのご、雑誌などで和泉さんの姿をときどき見かけるようになりました。
いまでは由布院を知らない人はいないほどの名湯地になりました。
昔を知る者として、とても嬉しいことです。

毎年、湯布院から届く柚子は冬が来たことを教えてくれて。 
[PR]
# by eijun-takahashi | 2011-12-19 16:02 | その他

永順の散歩道 その10

知人の陶芸家の個展を観に横浜へ行った。
素晴らしい天気に恵まれ、高速道路から見える富士山は新雪で真っ白く輝いていた。
山下公園の近くには、明治開港時の面影を残す古い建物がたくさん保存 されている。c0046662_1591575.jpg
澄みきった初冬の清々さを感じながら、色付いたイチョウ並木の舗道を 歩いた。
こうして、ゆったりとした気分で歩くことなど、何年振りかしら・・・。
c0046662_1593643.jpg

大桟橋では大型客船の出港が近いようでした。
c0046662_1594953.jpg


乗客が投げるテープが 岸壁にとどくのも難しいようで,かなりの数が海に落ちてしまいます。
外国航 路の船のようでしたが、
桟橋に観光客が多かったせいか、永久の別れの雰囲気はなかったわ。

旅客とすこし離れた所で、乗務の女性が手を振っていたけれど、
まるでバレリーナが白鳥を舞う時の手の動きににて・・・。

c0046662_1510548.jpgむかし、学生時代の友人夫婦を見送ったのも、この桟橋だったわ。
当時、フランス遊学にゆく彼らはシベリア鉄道を使っての長旅だった。
40年以上前,テープを投げあって別れた日のことをおもった。 
[PR]
# by eijun-takahashi | 2011-12-05 15:17 | 散歩みち

花教室から〜

今週の火曜日の生徒さんの花あしらいです。

やわらかな花の色の中に、ビビッドな艶のあるお花もすてきですね。
永順花教室の冬の花という季節になってまいりました。
12月は3(土)、6(火)と花レッスンが月の初めに予定していますので、お忘れなく、ぜひこの季節のお花生けにいらしてください。

お忙しい生徒さんはお花を送ることもできますので、ゆっくりと花が咲いてくれる
この時期のお花をご希望の方はご連絡ください。

スタッフYc0046662_16425723.jpgc0046662_1642089.jpg
[PR]
# by eijun-takahashi | 2011-11-24 16:45 | Flower

山小屋の冬の準備に行きました。

c0046662_1631291.jpg

いつもの年より一週間早かったけれど、晩秋の寒さが一足早くやって来たみたい。雲間から姿をみせた朝日岳[1945m]はうっすらと白くなって・・・。
 唐松林の針のような葉が降り注ぎ、強い雨音のように屋根をたたきます。
ご近所に住む犬のマリとゴンちゃんが散歩の途中、クッキーのおねだりに立ち寄ります。
 沢山の友人たちとの想い出を育んでくれた山小屋も、歳月を重ねて37歳になりました。近くの禅寺の羅漢さんも風雪に耐えて、表情が穏やかになったみたい。
c0046662_1631159.jpg

水上のりんご園のユミちゃんの家庭菜園では、色々な野菜が収穫間近。ひと足お先に略奪ね。
今年の白菜は今のところ、虫の被害も無くて楽しみだわ。
[PR]
# by eijun-takahashi | 2011-11-16 16:34 | 山小屋

シフォンケーキ・栗ペースト

 近頃、野菜や果物など、生で食べる物はなるべく農薬を使って
いないものをと、思っています。
 山口の萩から無農薬の栗がとどきました。永順はどちらかと言うと、
洋菓子のモンブランやマロングラッセよりも、和菓子の栗羊羹や
栗茶巾が好き。 
 スタッフの谷島と聡美が皮を剥いていたけれど、6キロもあって
大変そう。途中から省ちゃんも手伝って。
 彼は栗の実を包丁で縦切りにしてスプーンで掻き出します。
ペーストにするので,その方が良いと思うけれど三人三様のやり方が
あって、おもしろいわね。
c0046662_14495913.jpg

 大きなホーロー鍋でハチミツと白ワインで炊きますが、永順は
余市(北海道)で作られているナイアガラの白ワインを少し足します。
ナイアガラの葡萄が一房あるだけで、部屋のなかに蜜のような甘い薫りが
漂います。果物のなかで一番薫りが高いと思うわ。味はぽったりとした
甘みで、美味しすぎる程。
このナイアガラのワインの薫りでシフォンケーキの印象的が変わります
よ。

 先日の、『永順の料理を楽しむ会』ではシフォンケーキを作りました。
好みの大きさに切り分け、栗ペースト入りの生クリームをたっぷり乗せて
いただきます。
c0046662_14522475.jpg

 この日は特別、秋の陽射しが強くて、おおきなパラソルの中での楽しい
おしゃべりが続きました。
 テラスの庭では、秋咲きのバラやピンクのカタバミが色を添え て・・・。

 
c0046662_14501942.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2011-11-01 14:56 | 料理

不思議なカボチャ

東茨城のJAで見かけた不思議なカボチャ。
今までに見た事も無い皮の色なの。
売り場の女性が「おいしいですよ。」と言うし、
飾っていても素敵ね、と思ったの。

 暫くの間、鑑賞していたけれど、料理してみよう
かしらと思って・・・。
大きかったわりには半分に割るのも案外やさしかった。
表の色と違って中の色が余りにうつくしいクリームで
ビックリ。
 昆布とイリコのだしで和風に炊いたら、これまでに
食べたものより爽やかな味だったわ。
c0046662_14521184.jpg

c0046662_14522930.jpgポクポク感には
かけるけれど,とても上品。

 確か、タイの国から取り寄せた種だそう。
近頃は珍しい野菜が簡単に食べられて幸せね。
[PR]
# by eijun-takahashi | 2011-10-28 14:54 | 料理

市場の魔力


 9月21日の朝、羽田を発つ時、台風15号の接近のニュースとともに
和歌山便など、引き返す事もあるとのアナウンスがあって・・・。

 省ちやんの故郷、愛媛は四国山脈に守られて、いつも台風の影響が少
ないのだとか。
私たち3年振りの帰省でした。
 何時ものように早朝散歩。省ちゃんが通っていた小学校や高校の傍を
通って、海へむかいました。昔と変わらず、お堀や用水路が余りにも澄んでいて
驚いたわ。
c0046662_16462049.jpg


これまで幾度か帰省したけれど、漁師町を歩くのは初めてのこと。
台風のせいか、漁船がたくさん繋がれていました。
c0046662_16464345.jpg



 次の朝も、また港へいったの。海が見える海産市場がお目当て。
店内の調理場では、漁師の男性達が立ち働いていたわ。、
生け簀の中の魚が目にとまり、お土産にしようかしら、と車エビやワタ
リガニに手を出してしまったのも、市場の魔力かしら。

c0046662_1647287.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2011-10-21 16:54 | その他