7月のログ・キャビンからのお知らせ

いよいよ梅雨明けも近くなり、そろそろ夏のご予定も決めるころかと思います。
7、9月の花のレッスン、お料理教室のお知らせです。
永順先生の庭が載った「婦人画報」も発売しました。ぜひ見てください。


c0046662_1501640.jpg
c0046662_1502962.jpg
















永順先生の、『庭〜ガーデン〜について』の想いを
「婦人画報」の夏の特大号!8月号『庭と私』の特集10ページで語っています。
婦人画報 ホームページ
2012年8月号発売中  定価1500円

<通常花レッスン>

2012年7月、9月のスケジュール
■7/14(土)、17(火)の2回
■9/15(土)、25(火)の2回
 
<お料理教室>
11:00〜13:00 参加費 ¥5,000
■7/12(木)冷やしトンしゃぶ、梅酢サラダ、ごはん
■9/20(木)焼き肉、ごはん、ムッチ

ご予約お待ちしております
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-07-02 15:53 | インフォメーション

スコーン

6/14(木)
お料理教室

スコーン、イタリアンサラダ、スープ
を作りました。
c0046662_14474748.jpg

焼きたてのスコーンは、最高においしいです!

c0046662_1448464.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-06-14 14:51 | 料理

花教室からお知らせ

教室の生徒さんへ

あじさいが色づき、樹々の緑が深くなってまいりました。

*6月のログキャビンのニュースをご案内いたします*

永順先生の、『庭〜ガーデン〜について』の想いを
婦人画報の8月号『庭と私』の特集10ページで語っています。
ぜひ、ご覧になってください。

2012年8月号 2012年6月30日(土)発売予定です。
c0046662_14401849.jpg
婦人画報

<通常花レッスン>
2012年6月、7月のスケジュール

■6/16(土)、26(火)の2回
■7/14(土)、17(火)の2回
 
<お料理教室>
■6/14(木)
スコーン、ジャム、イタリアンサラダ、スープ
※13時〜   終了しました

■7/12(木)冷やしトンしゃぶ、梅酢サラダ、ごはん

今は岡本ではつる薔薇がよく咲いていて美しいです。

市場にはカンパネラや、スイートメモリー、薔薇、デルフィニウム、
スノーボールなど 優しく爽やかなお花の頃です♪

また、お待ちしています。

*******************
LOG CABIN / 高橋永順花教室

Tel&Fax :03-6411-8285
Mail info@eijun.com
Hp http://eijun.exblog.jp/
*******************
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-06-13 15:45 | インフォメーション

たかはし しょうぞう器展 4/25〜31まで

箱根・やまぼうしにて、たかはし しょうぞう器展が開催しております。
今回は「たのしい生活のうつわたち」というテーマで、花の器、食の器、草の器が会場に集まりました。
お気に入りの器を見つけていただき、暮らしの中でご一緒していただければ嬉しいです。

箱根は桜がちょうどいい頃で、この連休に足をのばしてみてはいかがでしょうか。
c0046662_1113721.jpg
c0046662_1111149.jpg
c0046662_119535.jpg


新緑と湖と、心地よい風が迎えてくれます。

お待ちしております。
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-04-27 11:15 | イベント

高橋永順花教室より4月のお知らせ

桜のつぼみもほころびそうな頃となりました。木々の芽吹きや春の風を感じると
心も軽やかに感じますね。

花教室では、ビバーナムやむぎせんのう、リューココリーネ、ラナンキュラスなど
さわやかさを感じる花たちも集まりはじめています。4月から8月までの花レッスン
のスケジュールを同封いたします。その季節だけの花たちがいつもお待ちしていますので
会いにきてください。

★4/25〜30
 たかはし しょうぞう 個展

『たのしい生活のうつわたち』


箱根・やまぼうしにて2年ぶりとなる陶芸展が行われます。
白くて、優しい肌合いの器ばかりが並びます。今回は、生活のうつわたちということで
花瓶、お皿、小鉢、どれも暮らしのなかで活きるうつわたちばかりです。
春の箱根を感じながら、ぜひ会場にお越し下さい。会期中、永順とたかはししょうぞうはおります。



お料理講習会も好評です!お気軽に参加してください♪
花のある暮らし、毎日がみずみずしく感じますね。花教室から春のご案内
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-04-11 15:46 | インフォメーション

うつわ展のお知らせ

c0046662_15452417.jpg


          「箱根やまぼうし」にて2年ぶりの個展を開催します。
           春の箱根でお待ちしております。

[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-03-28 15:47 | イベント

3月の花教室からのお知らせ

木々が芽吹き、春が訪れる季節となりました。
3月の花は、チューリップ、マーガレット、スイトピー、ラナンキュラス、ビオラなど可愛い色が溢れます。

4月にせまりました、
たかはししょうぞう陶芸展と、
元スタッフの俵谷敦子さんのコサージュ展のご案内をいたします。

花レッスンは
2012年3月、4月のスケジュール
3/17(土)、27(火)の2回
4/17(火)、21(土)の2回
 
お料理教室は、4/12(木)
黒飯、いりこだしの味噌汁、小松菜キムチ

たのしい生活のうつわたち

場所 箱根やまぼうし

2012年4月25日(水)〜30日(月)11:00〜17:00(最終は16:00)


俵谷敦子さんのワークショップ

リネンバードでは、3月10日より俵谷 敦子さんのコサージュ展がはじまります。

展示会に合わせて、俵谷さんによる、一日限りのワークショップを開催いたします。

今回のモチーフは、ツメクサとクローバー。

春らしいモチーフのコサージュは、まだまだ肌寒く感じるこの季節の装いを
華やかにしてくれます。
※展示会期間:3/10(土)-18(日)
■ 場所:リネンバード二子玉川
■ 日程:3月11日(日) 
  
午前の部 10:30-12:30(定員8名)/ 午後の部 14:00-16:00(定員8名)

■ 講習材料費:3,800円 お茶とお菓子付き
■ 持ち物:筆記用具(チャコペン、ボールペン)
 
はさみ(裁ちはさみや糸きりはさみではなく小ぶりで布が切れるもの)
  
手芸用の糊(アートフラワー用など。お持ちでない方には400円で販売いたしますので申し込み時にお知らせください。)
  目打ち、15cmまで測れる定規
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-03-08 16:40 | インフォメーション

2月の花教室からのお知らせ

寒い日が続いておりますが、お元気ですか。
もうすぐ立春で春もそこまで来ていますね。
チューリップや、ラナンキュラス、スイトピーの淡い色合いが優しい季節です。

また先日は2月に出る『クロワッサン』の収納・美しい部屋という特集で
永順先生の撮影がありました!!
2/10発売! クロワッサン823号
ぜひ、書店でお求めください♪

2012年
花レッスンは、2/18(土)、28(土)の2回


*******************
谷島 (やじま)理恵

LOG CABIN / 高橋永順花教室

157-0076 東京都世田谷区岡本2-33-8
Tel&Fax :03-6411-8285
Mail info@eijun.com
Hp http://eijun.exblog.jp/
*******************
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-02-08 11:37 | その他

あけましておめでとうございます

c0046662_14181577.jpg


今年もよろしくお願いいたします。

★2012年1月のお花のレッスンは17日(火)、21日(土)の2回です。

★お料理教室  (受付中)
1月26日(木)13時〜15時 永順の白菜キムチ

ご予約、お問い合せ:ログキャビンまで

*******************
LOG CABIN / 高橋永順花教室

157-0076 東京都世田谷区岡本2-33-8
Tel&Fax :03-6411-8285
Mail info@eijun.com
*******************
[PR]
# by eijun-takahashi | 2012-01-01 10:16 | Flower

湯布院から届いた柚子

いく朝か霜が降りて
由布院の柚子も
まろやかに色づきました。

いつもの柚子ねりひとつ
お届け致します
お風邪を召しませぬ様に
ご活躍下さいませ。c0046662_15575578.jpg

むかし、花教室の生徒さんだった桑野和泉さんは、
「大分の由布院はとてもよい処だから是非いらして下さい」
と、教室に来るたびに言っていたわ。

あの頃は由布院のことをよく 知らなかったけれど、浜美枝さんから
「とてもいい処だから、行ってあげてね」と勧められていたの。

何年かたって、スタッフと由布院へ行ったとき、
「確か、由布院から来ていた生徒がいたよね」と言うと、
スタッフの俵谷が「桑野さんは『玉の湯』のお嬢さんですよ」と
言うので訪ねたの。永順はそのことをすっかり忘れていたので、
その夜の泊まりはほかの旅館に決めていたの。
お昼は玉の湯で頂いて、和泉さんとは何年振りかの再会でした。

そのご、雑誌などで和泉さんの姿をときどき見かけるようになりました。
いまでは由布院を知らない人はいないほどの名湯地になりました。
昔を知る者として、とても嬉しいことです。

毎年、湯布院から届く柚子は冬が来たことを教えてくれて。 
[PR]
# by eijun-takahashi | 2011-12-19 16:02 | その他