カテゴリ:その他( 29 )

あけましておめでとうございます

c0046662_11354634.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2014-01-01 10:10 | その他

Merry Christmas

c0046662_10502540.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2012-12-24 10:49 | その他

2月の花教室からのお知らせ

寒い日が続いておりますが、お元気ですか。
もうすぐ立春で春もそこまで来ていますね。
チューリップや、ラナンキュラス、スイトピーの淡い色合いが優しい季節です。

また先日は2月に出る『クロワッサン』の収納・美しい部屋という特集で
永順先生の撮影がありました!!
2/10発売! クロワッサン823号
ぜひ、書店でお求めください♪

2012年
花レッスンは、2/18(土)、28(土)の2回


*******************
谷島 (やじま)理恵

LOG CABIN / 高橋永順花教室

157-0076 東京都世田谷区岡本2-33-8
Tel&Fax :03-6411-8285
Mail info@eijun.com
Hp http://eijun.exblog.jp/
*******************
[PR]
by eijun-takahashi | 2012-02-08 11:37 | その他

湯布院から届いた柚子

いく朝か霜が降りて
由布院の柚子も
まろやかに色づきました。

いつもの柚子ねりひとつ
お届け致します
お風邪を召しませぬ様に
ご活躍下さいませ。c0046662_15575578.jpg

むかし、花教室の生徒さんだった桑野和泉さんは、
「大分の由布院はとてもよい処だから是非いらして下さい」
と、教室に来るたびに言っていたわ。

あの頃は由布院のことをよく 知らなかったけれど、浜美枝さんから
「とてもいい処だから、行ってあげてね」と勧められていたの。

何年かたって、スタッフと由布院へ行ったとき、
「確か、由布院から来ていた生徒がいたよね」と言うと、
スタッフの俵谷が「桑野さんは『玉の湯』のお嬢さんですよ」と
言うので訪ねたの。永順はそのことをすっかり忘れていたので、
その夜の泊まりはほかの旅館に決めていたの。
お昼は玉の湯で頂いて、和泉さんとは何年振りかの再会でした。

そのご、雑誌などで和泉さんの姿をときどき見かけるようになりました。
いまでは由布院を知らない人はいないほどの名湯地になりました。
昔を知る者として、とても嬉しいことです。

毎年、湯布院から届く柚子は冬が来たことを教えてくれて。 
[PR]
by eijun-takahashi | 2011-12-19 16:02 | その他

市場の魔力


 9月21日の朝、羽田を発つ時、台風15号の接近のニュースとともに
和歌山便など、引き返す事もあるとのアナウンスがあって・・・。

 省ちやんの故郷、愛媛は四国山脈に守られて、いつも台風の影響が少
ないのだとか。
私たち3年振りの帰省でした。
 何時ものように早朝散歩。省ちゃんが通っていた小学校や高校の傍を
通って、海へむかいました。昔と変わらず、お堀や用水路が余りにも澄んでいて
驚いたわ。
c0046662_16462049.jpg


これまで幾度か帰省したけれど、漁師町を歩くのは初めてのこと。
台風のせいか、漁船がたくさん繋がれていました。
c0046662_16464345.jpg



 次の朝も、また港へいったの。海が見える海産市場がお目当て。
店内の調理場では、漁師の男性達が立ち働いていたわ。、
生け簀の中の魚が目にとまり、お土産にしようかしら、と車エビやワタ
リガニに手を出してしまったのも、市場の魔力かしら。

c0046662_1647287.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2011-10-21 16:54 | その他

忠良先生、さようなら

 彫刻家の佐藤忠良先生が亡くなったのは巨大地震と原発事故のあった
3月末でした。
その地域が先生の出生地でしたから、テレビや新聞などの映像を見なが
らのご心痛は計り知れません。
10年くらい前の自転車事故以来,創作活動にも支障 があったようです。

その間にもアトリエにお邪魔していた私たちは、先生の生活振りを見る
につけ、年を重ねる事の悲哀を強くおもうのでした。
7月には99歳となる直前 の悲報に、多くの方々の「残念」とのコメント
の多い中、「安らかにお眠りくださ い。」と思うのは私だけではなかったかと思っています。
 
ご親族の御意志での密葬のことを知りました。それでも先生との思い
に決別できずにいた多くの方々の心が集まっての偲ぶ会となりました。
 
事務局の方から会場装花の依頼があった時、これで先生とのお別れと
ご恩返しができることへの幸せを感じました。

 司会者の方から、「どのようなお気持ちで花を生けられましたか?」
と聞かれました。
「忠良先生は素朴な花がお好きでした。吾亦紅が北海道から届いたばか
りでしたので、きっと気に入ってもらえるとおもって・・・・」

 偲ぶ会の式次第も終わり、会場内の緊張が解けた頃にお声をかけて下
さった方がいました。
先生の作品「永順」を購入された方と縁のあるとの事でした。

 長年、ある個人コレクターのお手伝いをされている様子でしたが、こ
れも先生の粋なお計らいかな、と思いました。


*「永順」の胸像は2006年の新制作展に出展された作品
 
c0046662_1652239.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2011-09-28 16:55 | その他

よそのお宅の猫なのに・・・・。Cat003

c0046662_1583610.jpg
アフリカのラフィアの布がお気に入り。
[PR]
by eijun-takahashi | 2011-06-13 16:57 | その他

よそのお宅の猫なのに・・・・。002

ぬいぐるみのプードルはライバル。
c0046662_1543945.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2011-06-09 15:29 | その他

よそのお宅の猫なのに・・・・。001

今年の一月、初めてやってきたのにいきなり部屋に入ってきて・・・。
首輪がしてあるからどこかの飼い猫なのね。
c0046662_1521013.jpg

[PR]
by eijun-takahashi | 2011-05-16 15:03 | その他

永順のブロンズ像も展示中



世田谷美術館
で佐藤忠良企画展をやっています。

ある造形家の足跡 佐藤忠良展
彫刻から素描・絵本原画まで:1940-2009さ
12月23日~2011年3月6日 1階展示室


c0046662_118095.jpg

佐藤忠良先生のアトリエにて

c0046662_13554712.jpg
出品作品の永順ブロンズ像

お時間のあるとき是非お出かけください。
[PR]
by eijun-takahashi | 2011-01-26 11:12 | その他