湯布院から届いた柚子

いく朝か霜が降りて
由布院の柚子も
まろやかに色づきました。

いつもの柚子ねりひとつ
お届け致します
お風邪を召しませぬ様に
ご活躍下さいませ。c0046662_15575578.jpg

むかし、花教室の生徒さんだった桑野和泉さんは、
「大分の由布院はとてもよい処だから是非いらして下さい」
と、教室に来るたびに言っていたわ。

あの頃は由布院のことをよく 知らなかったけれど、浜美枝さんから
「とてもいい処だから、行ってあげてね」と勧められていたの。

何年かたって、スタッフと由布院へ行ったとき、
「確か、由布院から来ていた生徒がいたよね」と言うと、
スタッフの俵谷が「桑野さんは『玉の湯』のお嬢さんですよ」と
言うので訪ねたの。永順はそのことをすっかり忘れていたので、
その夜の泊まりはほかの旅館に決めていたの。
お昼は玉の湯で頂いて、和泉さんとは何年振りかの再会でした。

そのご、雑誌などで和泉さんの姿をときどき見かけるようになりました。
いまでは由布院を知らない人はいないほどの名湯地になりました。
昔を知る者として、とても嬉しいことです。

毎年、湯布院から届く柚子は冬が来たことを教えてくれて。 
[PR]
by eijun-takahashi | 2011-12-19 16:02 | その他


<< あけましておめでとうございます 永順の散歩道 その10 >>