染井吉野が咲き始めると、、。

染井吉野が咲き始めると、いつものことながら期待が高まり、
「お花見はいかがでしたか?」などと挨拶も重なると食傷気味になって。
遅咲きの牡丹桜は誰にも見つめてもらえない悔しさか、地面を覆い尽くしていました。
きのうの花絨毯にあいたかったけれど、今朝は綺麗に掃かれていて残念!
ご近所の方で、余命は桜の咲く頃と言われ、そのごの日々を静かに耐えています。
散りゆく花に、「また来年もよろしくね。」などと言えない人を思うと愛おしさが深まります。
c0046662_15443543.jpg
c0046662_15444414.jpg


[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-04-26 15:45 | 散歩みち

静心なく、、。

心待ちしていた桜の花も、きのうの雨で枝も重たげ。
路面に薄っすらと雪が積ったようで、ゆく春を思います。
「静心なく花のちるらむ」とうたった紀友則の観察眼に感心する事しきり。
剣先に似たひとひらがクルクルと回りながら落ちゆく様は、まさしく静心なく。
ご近所の奥さまで、身のこなしや話しぶりが桜の散り様に似て、とてもせわしないのです。
夫のしょうちゃんから、永順に似てる、と言われて。
c0046662_09235041.jpg
c0046662_09240291.jpg
c0046662_09241411.jpg


[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-04-13 09:26 | 散歩みち

10年ぶりの上野公園

「永順のブロンズ像が展示されてるよ」との友人からの電話に、一瞬とまどったけれど、東京都美術館での秋の新制作展という事で納得。
それにしても、永順が桑沢デザインスクール在学中に、彫塑の授業は彫刻家の佐藤忠良先生で、その年の夏休の間、先生のアトリエに通いました。
1964年の東京オリンピック開催の直前のことです。
あの時の石膏原型が42年の時を経てブロンズ像となったのです。
きのう、10年ぶりに知人の展覧会を観に都美術館へ行きました。
あいにくの雨の中、一番乗りで、一時間ほどゆったりとした時を過ごしました。
雨に濡れた桜は少し重たげでさみしそう。
c0046662_13432129.jpg
会場の窓から見ると、公園の木々が雨にけむっていました。
c0046662_13410662.jpg


[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-04-12 13:43 | 散歩みち

春の訪れ

むかし、奈良から通っていた花の生徒さんに勧められた吉野の桜。
鄙びた宿の窓に舞い込む桜吹雪。そして吉野の里が大きく波打っていました。
今は、近所の桜に酔いしれています。
c0046662_14085986.jpg
c0046662_14084682.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-04-06 10:08 | 散歩みち

手前味噌

子供の頃、好きになれなかった、甘酒、梅干し、味噌。
その独特な匂いが苦手だったけれど、
手作り味噌をはじめて30年くらいになるかしら。

去年の11月に仕込み、3月のおわりに壺の蓋を開ける頃は
春の訪れを待つような期待感が高まります。
時を経て、熟成した味噌も美味しいけれど、
出来立ての味噌は、ほのかに大豆の香りがたって素敵!
c0046662_13191018.jpg


[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-04-05 13:23 | 料理

キッチンの小花たち

永順の花教室がある前の日から、アトリエには沢山の花があふれます。
次の日、生徒さんたちが帰ったあとには、撮影用にとっておいた花が残るばかり。
花の撮影は天候次第ですし、咲きごろと一致すればラッキーなの。
こうした、いろいろな条件をクリアして花の作品が出来るのです。
花のカレンダー用の撮影も年月を重ねて、今年で28年目となりました。

我が家のキッチンの小窓からは朝陽が差し込み、シンクのまえの小花は幸せそう。毎朝、水をかえがてら剪定をするといつまでも元気。キッチンに立つ私も幸せ!

c0046662_14552723.jpg
c0046662_14554117.jpg
c0046662_14555733.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-03-30 14:41 | Flower

待ちに待ったフランスミモザ

2011年の3月11日に、ご近所に咲くフランスミモザのことを永順ダイアリーに書いてから、月日が流れました。その間にもきまって、このミモザをいただいていたのに、ダイアリーがとだえてしまって、、。ことしの3月から、意を決して5年ぶりの再開です。


このお宅のミモザは遅咲きで、いつものことながら、よそのミモザが盛りでも蕾が硬くてヤキモキします。

このミモザのために散歩コースを決めて。


c0046662_16275137.jpg



c0046662_16272720.jpg

朝の散歩では、まだかなぁー、と思っていたら、昼過ぎに、咲きましたよ、との電話。

翌朝は久しぶりの快晴で、空の青さにレモンイェロー色がひときわ冴えて。


c0046662_16281193.jpg
c0046662_16280138.jpg


















[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-03-20 16:32 | Flower

真夜中の花市場

永順の花教室のある前日には、目覚まし時計を3時に合わせても、きまって、しょうちゃんに先をこされるの。
「エイジュン、時間だよ」と声掛けされることがしばしば、、。
花市場に着いても、仲卸の店頭はまだ準備中なのですが、かまわずおめあての花達をストック棚に積み重ねます。
他の仲卸さんも目を通して、「もう帰るわ、伝票を書いて!」と声掛けしても、「まだ、だめ!」と返ってくるの。
今朝は公園の側道でヘッドランプをつけたマラソンびとに行きかったほど、まだ帰り道も暗かったわ。


c0046662_16344495.jpg
c0046662_16361597.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-03-13 16:38 | Flower

華やかな「ポジャギ」作り

バングラデシュの赤い刺繍布を随分と前からもっていたけれど、あまりにも華やかすぎて引き出しにしまい込んでいたの。
そうだわ、思いきって他の布と組み合わせたらどうかしら、、。

ひとあし早い春の花たちと合わせたら、いっそう華やかになって。
c0046662_13010992.jpg


c0046662_13014631.jpg
c0046662_13032609.jpg



[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-03-09 13:38 | Hobby

2017年4月〜7月のレッスンスケジュール

c0046662_15411824.jpg

[PR]
# by eijun-takahashi | 2017-03-09 10:29 | インフォメーション